ニュージーランドに宇宙人?

投稿日:

前回の息抜きに続いてそのままキャンプする事に決定!

ここ数週間分の給料はキャンプに使います!笑

 

目指すは【Westport ウェストポート】

そのまんま・・西ね。

 

【Westport ウェストポート】までの道のりは有名観光地や、良い出会いもなく

すごく青い川や

栃木ナンバーが飾ってあるカフェなどを見て

2日ほどかけて【Westport ウェストポート】キャンプ場に着いた。

キャンプ場に着くも4日ほど雨予報・・・・。

とりあえずここに4泊決定。

南国風で良いね。

キャンプ場にはカフェがあり昼夜問わず利用できてとても居心地が良い。

Wi-Fiもあって2日くらいカフェスペースに入り浸っていると、洗濯物を干そうと手間取っていた人がいた。

 

困っている人いたら手伝うじゃんか・・?

そして、そのまま仲良くなった。

彼の名はベレンド 身体にびっしりとタトゥーが入った190センチほどあるオランダ人だった。

 

その翌日、洗濯物を手伝った俺にコーヒーを奢ってくれた。

良い奴だな〜。

 

その夜ベレンドが・・・真剣な顔で

「なあなあ、宇宙人を信じてるか?」

と小声で聞いてきた。

 

ん・・・?。

あまりにも真剣な顔だったので

俺も真剣に「いないとは思えない」と答えた。

 

 

なぜそんな事を聞いてきたのか尋ねると

「今日、変わった形の雲の写真を撮ったから、それをインスタグラム(SNS)にアップロードしようとしたらできないんだ。しかも何度もやっているんだけどダメなんだ。」

 

それって・・・サーバーかアプリの不具合じゃないのかな・・?

宇宙人関係ないような・・・と思いつつ。

 

俺が冗談っぽく

もしかしたらニュージランド政府が監視していてアップロードを止めてるんじゃないの?

と言うとベレンドは怯えてしまった・・・・。

 

やべえ。

 

ベレンドにどんな雲の写真だったのか聞いてみると

 

「竜と馬の形をした雲なんだ!」と一言。

 

そして俺の名前は竜と馬がいるよ〜と伝えるとベレンド固まる・・・。

なんてこった。みたいな事をぼそぼそ言ってる・・。

 

ベレンドは軽くパニックになっていたので、日本から持ってきていたお守りをあげた。

お守りの話しをしたら少し落ち着いた。

その日はベレンドに「今日はゆっくり休んで明日また話そう」と伝え眠りについた。

 

翌日ベレンドに会って話しをしてみると、すっかり落ち着いていた。

どうやらお守り効果もあってなのか熟睡だったようだ。

ベレンドには最初から不思議な感覚を感じていた。

旅を通して色々な人に会った時、いつもなら「この人はどんな人かな〜?」という疑問や関心が出るのだが・・それがほとんど無かった。

「この人とは仲良くなれそう」とか「良い奴っぽい」というのを通り越して

ベレンドは最初っから「大事な友達」という認識があった気がする。

雰囲気が似てるからなのか、思考が似ているからなのか・・俺は今まで感じた事のない感覚だった。

 

そんなベレンドと数日過ごしていると、ブルーベリーの仕事で出会ったフランス人から連絡がきた。

その人はすでにフランスに帰ったのだが、俺の仕事の心配をして連絡してきてくれた。

そしてなんと、「知人が働いている野菜農園で募集があるから行ってみる?」と仕事を紹介してくれたのだ。

なんだかニュージランドで色々な人に助けられてるな・・俺も誰かに返す事ができるといいな。

さっそく知人の連絡先を聞いてメールしてみると2日後の昼に職場に来れるなら働けるとの事!!

 

またもや、あっさり決まった・・・笑。

 

さっそくベレンドにこの事を話すと、彼はまるで自分の事のように喜んで「それは良かったね!」と言ってくれた。こんなにも人の幸せを素直に喜べる人はいるのだな〜と思いつつ、俺もそうでありたいと思った。

 

翌日もダラダラと過ごして翌日に向かう仕事先について調べていた。

新しい仕事先は【Nelson ネルソン】という北島の北端で晴れの日が多くSunny Nelson サニーネルソンと言われるほどの場所だ。

ここのキャンプ場からは3時間ほどで着きそうだ。

 

とはいえ早起きしないといけないな・・・。笑

 

そしてベレンドともお別れなのだがお互いに「またすぐ会う気がするね」と言い合ったので悲しさは皆無だった。

 

1番寂しいのはもう会うことがないと思った人とのお別れで、友達になった人とはまた会えるから寂しくないね。

 

次回はまたまた仕事スタート編!!(今度こそ)