ニュージランドの映画

ブルーベリーの仕事をクビになったので。

次の仕事探さないと・・・もちろんアテはない。

だがしかし!数週間働いたのでお金は少しある。

 

息抜きしたいな・・・息抜きばっかりしてるんですがね。笑

 

というわけで近くにあるニュージーランド最南端の街

【Invercargill インバカーギル】を観光した。

 

この街には1000cc以下のオートバイの地上最速記録保持者バート・マンローがいた。

 

バート・マンローとは

近所からは変人おじいちゃん扱いされるほどのバイク好きで、日々バイクいじりに没頭。そして社会の常識にとらわれない少年の様な心を持ちながら大人のユーモアを持ち、皆から愛される男。

そんな67歳を超えたバート・マンローの夢とはユタ州ボンネビル・ソルトフラッツへ渡米し、自慢の愛車で世界最速記録に挑むこと。

その実話を元に【世界最速のインディアン 英名:The World’s Fastest Indian】という映画が作られた。

俺はこの映画が好きで何度も見ている。

旅 × バイク × 夢を見せてくれる素敵な映画。

こんなおじいちゃんになりたい!!

この街の金物屋にはバート・マンローが実際に使っていたバイクのレプリカが展示してある。

 

まだまだ息抜きするぞ〜!!!笑

次回はキャンプのお話。